柔道整復師

「人生100年時代」に寄り添い、
サポートする伴走医療
活躍の場は、スポーツを中心に
海外にも広がっています。

柔道整復師

柔道整復師(厚生労働大臣・国家資格)

その名の通り柔道に由来する柔道整復師は国家資格。「ほねつぎ」「接骨師」として昔から、広く知られる職業です。資格取得後は開業、病院勤務、接骨院のスタッフはもとより、スポーツトレーナーや介護福祉施設の機能訓練指導員など、多彩な分野で働けます。特に近年は、トップアスリートの活躍を身近で支える存在として認知される柔道整復師も増えており、活躍の場は海外へも広がっています。

資格取得の道は2通り

資格取得の道は2通り

現在は高校卒業後、厚生労働省の認可した専門の養成施設(修業年数は3年以上)か文部科学省が指定した四年制大学で解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学などの臨床系専門科目を履修することで、国家試験の受験資格が得られます。

柔道整復とは

柔道整復とは

骨・関節・筋・腱・靭帯などに生じる骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷といった外傷性の損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療法。手技のほか、運動療法や電気療法を用いて、施術を行うこともあります。上記損傷に対して柔道整復師の施術を受けた患者さんは健康保険、労災保険、自賠責保険が利用できます。

主な進路

接骨院・病院・医院
在宅リハビリテーション
介護福祉施設
スポーツリハビリテーション
スポーツトレーナー
独立開業(接骨院)など

オープン
キャンパス
資料請求