ABOUT
CAMPUS
LIFE!

在校生のキャンパスライフを
ウォッチング!

はり、きゅう科2年生城下侑奈さん

高卒後、7年間勤めていた職場を結婚と同時に退社し、以前から興味があった鍼灸師の資格を取得するために入学。現在は、学校がある稲沢市内で夫婦二人暮らし。いずれは独立開業し、女性のための治療に力を入れていくのが夢。

「鍼灸は、子育てしながらでも自分のペースで取り組める仕事。主人は私を、すごい応援してくれています!」

マイカー通学

⾃宅から学校までは、朝の混んだ時間帯でも20分ぐらいで到着。中和には通学⽤の駐⾞場があるので助かります。

授業

専科の授業は9:10から14:30まで。10代から60代まで幅広い年齢の⽅々が学んでいますが皆仲良しです。⽐較的年齢が近い、30代40代の友達とはよく外でご飯を⾷べに⾏ったりもします。好きな授業は「実技」。家では夫に練習をつきあってもらうこともあります。

附属治療所

附属治療所での臨床実習は特に得るものが多いです。学⽣同⼠でやる実習とは、診断、患者さんへの配慮、話し⽅等、全然違います。私はもともと接客業をしていたので、患者さんと会話しながら施術をするのは、ほかの同級⽣より戸惑いも少なくできているように思います。

昼⾷

家からお弁当を持参して教室で⾷べることが多いです。学⾷で、おしゃべりしながら⾷べるのも好きですね。

特別講座

無料講座の美容マッサージは⼤好きな講座の⼀つです。美容鍼や婦⼈科鍼灸なども興味津々で⾝が⼊ります。

2020年度は以下の特別講座(無料)を開講します。
①美容鍼灸 ②筋膜リリース ③経絡治療 ④トリガーポイント ⑤美容マッサージ

中和祭

1年⽣の時の中和祭で、私のクラスは唐揚げの模擬店をやりました。韓国出⾝の同級⽣に教わってピリ⾟味にしたのが好評でした。皆で買い出しに⾏ったり、いろいろと準備したりしたことで、クラスの団結⼒も⾼まったと思います。

柔道整復科2年⽣兼松武史さん

⼩学校から⾼校まで野球に没頭。中学時代にケガを治療してもらったのをきっかけに、柔整師をめざす。美濃加茂市(岐⾩県)の実家から⽚道2時間かけて電⾞通学中。卒業後は、名古屋などの治療院に務めて技術・知識を蓄えてから、地元に戻って働きたいと思っている。

「夢はまだ絞りきれていませんが、スポーツのトレーナーもやってみたいし、鍼灸の資格も取りたい。趣味は筋トレ。中和でも、筋トレサークルに⼊っています。」

電⾞通学

1限⽬が始まるのは9:10〜なので、それに間に合うよう、毎朝6:50に家を出ます。

授業

中和は、教員と学⽣の距離がすごく近いのがいいですね。担任の福岡先⽣は、なんでも話せて、どんな質問にも詳しく丁寧に答えてくれます。

昼⾷

ほぼ毎⽇、⺟親の⼿作り弁当を持参。学⾷とガレリアは、交流スペースになっています。同級⽣、先輩たちと話したり、勉強を教えてもらったり。放課後⼀⼈で勉強するときにもここでやります。

新⼊⽣歓迎会

ビーチバレーのボールを使ってクラス対抗のバレーボール⼤会があって、うちのクラスが優勝しました。

サークル活動

体を鍛えるのが好きな有志が集まって、筋トレサークルを結成しました。顧問の先⽣もいます。結成間もないわりには、トレーニングマシーンも充実していますね。僕⾃⾝、学校が終わった後は地元のスポーツジムでアルバイトするくらい筋トレが好きなので、毎⽇楽しく、トレーニングしています。

災害、イベントのボランティアで実践⼒を磨く課外活動もあります。災害やイベント等でのボランティア活動は、感謝されながら、⽣きた勉強ができる意義深い場。⼈気の職種、スポーツトレーナーの仕事体験にも役⽴っています。その上鍼灸マッサージ師会や柔道整復師会の先⽣⽅との交流も図れます。

主な課外活動実績

名古屋ウィメンズマラソン、春⽇井市健康救急フェスティバル ほか

本科あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう科

オープン
キャンパス
資料請求