HOME学校案内 > 附属治療所・接骨院

学校案内附属治療所・接骨院

臨床実習が充実しています

豊富な臨床実習による技術の向上

豊富な臨床実習

本校敷地内に臨床実習施設としてあん摩マッサージ指圧術、はり術、きゅう術を行う“附属治療所”及び柔道整復術を行う“附属接骨院”の2つを設けています。3年次、一般外来患者に対し、施術を行っています。卒業時には、しっかりとした臨床能力が身につきます。

施設に施術を受けに来られる患者様の体に触れることによって、学生同士の実習では得られない疾患への対応やコミュニケーション力などを身に付けていきます。
臨床実習施設での経験は、教科書では決して得ることのできないものです。

患者様と触れ合うなかで、コミュニケーション力が上がりました

羽田野 正吾 さん

あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう科
羽田野 正吾 さん
(東海工業専門学校 卒
岐阜県立船津高等学校 卒)

治療所の実習に入ってみて感じたのは、「患者様に色々な年齢層の方がいらっしゃるなあ」ということでした。
当然、痛むところや症状も様々で、患者様の言葉から判断するのにとても苦労しました。
治療所では、とにかく患者様に触れて、考えることが大切だと思います。今のうちからたくさんの患者様と関わることで度胸も付きますし、色々な症状に適切に対応できるのではないかと考えています。
特に、患者様とのコミュニケーション能力は、初めて入ったときと比べて格段に良くなりました。
先生方は、困っている時、適切な指示を下さいますし、何より患者様が、私達のことを育てようと協力して下さっているのを、実習中、この身にひしひしと感じます。
先生方や患者様のためにも、頑張って国家試験に受かりたいと思っています。

患者様の言葉がとても嬉しかったです

小林 潤奈 さん

柔道整復科
小林 潤奈 さん
(愛知県立惟信高校 卒)

はじめは、緊張と不安でいっぱいでした。
それまでは同じクラスの友人が相手だったわけですから、「患者様と何を話したらいいだろう」と緊張していたことを思い出します。
最初のころは患者様に対してどのような施術方針を立てればいいのか分からなくて、先生に聞いてばかりいましたが、実習を重ねるうちに自然と分かるようになってきて、現在は自分の力で考えられるようになってきました。
嬉しかったことは患者様に「楽になりました。良くなった。ありがとう。」と笑顔で言われた時です。自分が行った事に対して結果が出た事が最高でした。
接骨院の先生方は、分からない事があった時や、どのようにしたら良いかなどを聞くと、優しく分かりやすく教えてくれますし、こうしたらどうか?とアドバイスを下さいます。実習中、私たち学生全員に気を配られているのを感じます。
これから卒業し、接骨院であったり、病院であったり、みんないろんなところへ行くと思いますが、この実習を役立てていきたいと思います。

社会に貢献する臨床の場としての役割を果たしています

附属治療所

附属接骨院