HOME学科案内 > 本科/あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう科

学科案内本科/あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう科

複数の施術の
相乗効果を学ぶ

本学科では、あん摩・マッサージ・指圧とはり・きゅうの相乗効果を応用したカリキュラムを導入。スポーツ分野や各種内臓疾患に対する施術など様々な分野での応用が可能となります。また、西洋医学の学習を通じ、医療分野で貢献できる人材育成を目標としています。
卒業と同時にあん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の国家試験受験資格が取得可能であり、数多くの進路が見込める総合学科となっています。

ピックアップ授業

あんま基礎実習(1年生前期 )

3年間のあん摩マッサージ指圧の授業の中で特に基礎となる技術を学びます。あん摩の基本である「圧迫」「揉捏」という“押して揉む”手技を習得し、肩・腰背・腕・足など各部位への施術の基礎を作ります。また、その基礎手技を応用し、1年生後期の「あんま応用実習」という授業で中和の伝統的な全身あん摩を身につけます。

1年次のカリキュラム

基礎分野と専門基礎分野である解剖学・生理学の習得を行います。また、専門分野である東洋医学基礎概論・経絡経穴概論を通じ、東洋医学の基礎概念の理解を深めることが可能となっています。実技においては、あん摩・はり・きゅうの基本的手技を徹底的に反復練習。これにより本校の特色ある手技を習得します。

【カリキュラム一覧】

基礎分野 心理学 I 心理学 II 保健概論 I 保健概論 II
統計学 英語 I 英語 II  
専門基礎分野 解剖学 I 解剖学 II 解剖学 III 解剖学 IV
生理学 I 生理学 II 生理学 III 生理学 IV
専門分野 東洋医学基礎概論 I 東洋医学基礎概論 II 経絡経穴概論 I
経絡経穴概論 II 生体観察学 あん摩基礎実習
はり基礎実習 H きゅう基礎実習 H あん摩応用実習 I

2年次のカリキュラム

1年次で学習した基礎的な知識から発展し、病理学や臨床医学総論・各論で疾病についての理解度を深めていきます。東洋医学の専門知識をより深化させると共に、臨床実習を行うための「臨床実習入門」という授業を通じ、実際の臨床への対応を習得します。臨床実習は1月より本校の附属治療所にて行い、実際の臨床への対応に加えて、専門的な実技・知識の体得ができます。また、後期より卒業論文作成のための課題研究が始まります。

【カリキュラム一覧】

専門基礎分野 運動学 I 運動学 II 病理学概論 I 病理学概論 II
臨床医学総論 I 臨床医学総論 II 臨床医学各論 I 臨床医学各論 II
臨床医学各論 III 臨床医学各論 IV
専門分野 経絡経穴概論 III 経絡経穴概論 IV 東洋医学臨床概論 I
東洋医学臨床概論 II 検査学概論 現代医学臨床論 I
マッサージ基礎実習 指圧基礎実習 特殊鍼法H-I
特殊鍼法H-II あん摩応用実習 II あマ指 応用実習
はり、きゅう応用実習 H-I はり、きゅう応用実習 H-II はり、きゅう応用実習 H-III
臨床実習入門 H-I 臨床実習入門 H-II 臨床実習 H
東洋総合演習 H-I 課題研究 I  

3年次のカリキュラム

2年間で習得した知識・技術を、あん摩マッサージ指圧・はり・きゅうの基礎理論や臨床論などの専門分野の知識を深めながら、臨床実習を行うとともに、国家試験対策授業を行います。実技は応用実習や総合実習を取り入れ、より臨床に役立つよう進めています。また10月には2年次から続いている研究をまとめ、校内研究発表会を実施し、その成果を卒業論文集として収めています。

【カリキュラム一覧】

専門基礎分野 運動学 III リハビリテーション概論 衛生学・公衆衛生学 I
衛生学・公衆衛生学 II 医療概論 関係法規
専門分野 あはき理論 I あはき理論 II 現代医学臨床論 II
現代医学臨床論 III 現代医学臨床論 IV 東洋医学臨床論 I
東洋医学臨床論 II 手技特講 あマ指臨床論
総合臨床論 H-I 総合臨床論 H-II 社会あはき学
はり、きゅう応用実習 H-IV はり、きゅう応用実習 H-V 臨床実習 H
東洋総合演習 H-II 課題研究 II アロマテラピー
はり総合演習 H 基礎医学総合演習 H きゅう総合演習

課程学科

課程学科・募集定員・修業年限・入学資格は次の通りです。(週5日制)

  • 課程 医療専門課程
  • 学科 あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう科(本科)
  • 授業時間 9:10~14:30
  • 募集定員 70名
  • 修業年限 3年
  • 入学資格 高等学校卒業
  • 学校行事(解剖見学実習・球技大会等)により、授業時間を一部変更して実施することがあります。
  • 入学資格は、高等学校卒業(旧制中学校卒業及び文部科学省令により高等学校卒業と同等以上の学力を有すると認められた者を含みます)以上です。

国家試験対策

本科の学生たちがめざすのは、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家資格取得です。特に本校の特色でもある、あん摩マッサージ指圧師の国家試験合格率は、第26回国家試験(平成30年2月)で現役合格率98.5%と高い数値を記録。その秘密は、西洋と東洋のいずれの医学にも精通した教員陣が、過去の国家試験問題などを多角的に検討し、解き方や要点などを徹底的に指導しているからです。3年次の12月からは各教室を20時まで開放して図書室と併せて自習の場とし、国家試験間近の12月上旬と2月上旬には模擬テストも実施。3年生全員の合格をめざして指導します。

  • 実技試験は本校を卒業することにより免除されます。
  • 学科試験は毎年2月最終週の土曜日に「あん摩マッサージ指圧師」、日曜日には「はり師」「きゅう師」の国家試験が行われます。

国家資格

毎年2月最終週の土曜日に「あん摩マッサージ指圧師」、日曜日には「はり師」「きゅう師」の国家試験が行われます。実技試験は本校を卒業することによって免除されますが、専門基礎分野・専門分野の実習を除くすべての授業科目について学科試験が行われます。

>国家試験合格率についてはこちら