HOME学科案内 > 柔道整復科

学科案内柔道整復科

技と心をつなぐ
スペシャリストを育成

人々の身体や心を癒し、人間の持つ自然治癒能力を最大限に引き出すことのできる柔道整復師の育成を目標としています。本校伝統の「手あての精神」と、伝統医術である「柔道整復術」の融合を目指した教育を実施しています。
卒業と共に柔道整復師の国家試験受験資格の取得が可能であり、国家試験合格後は接骨院開業、スポーツトレーナー等の進路が想定されます。

ピックアップ授業

柔道整復実技 I・II

包帯の技術を学ぶ授業です。臨床でよく使用される伸縮包帯を使わず、本校では伸び縮みしない包帯を使用して基礎を教えています。 伸び縮みしない包帯は巻きづらいですが、あえてそれを使用する理由は体格や幹部の状態に合わせて、包帯の巻き進めの方向や巻き締めの強さ等を工夫する能力を身につけてもらいたいからです。 正しい包帯技術を習得することはテーピングやギブス固定の能力の向上にも繋がると考えています。

1年次のカリキュラム

基礎分野と専門基礎分野である解剖学・生理学の習得を中心に行います。また、柔道整復誕生のルーツとも言われている柔道について実技を中心に体得。更に専門分野として柔道整復の概略と包帯法など基本的な技術を習得します。

【カリキュラム一覧】

基礎分野 心理学 I 心理学 II 保健概論 I 保健概論 II
統計学 英語 I 英語 II
専門基礎分野 解剖学 I 解剖学 II 解剖学 III 解剖学 IV 解剖学 V
解剖学 VI 生理学 I 生理学 II 生理学 III 生理学 IV
医療概論 柔道 I A 柔道 I B
専門分野 柔道整復学総論 I A 柔道整復学総論 I B 柔道整復学総論 II A
柔道整復学総論 II B 柔道整復学総論 III A 柔道整復学総論 III B
柔道整復実技 I A 柔道整復実技 I B 柔道整復実技 II A
柔道整復実技 II B    

2年次のカリキュラム

1年次で学習した基礎的な知識をベースとし、病理学や運動学、リハビリテーション概論を習得。更に、整形外科学で疾病や傷害についての知識を習得。専門分野においても身体各部の傷害に関して具体的な学習を行い、柔道整復の技術と関連づけて習得、臨床実習を行うための準備を進めます。

【カリキュラム一覧】

専門基礎分野 生理学 V 生理学 VI 運動学 I 運動学 II
病理学概論 I 病理学概論 II 一般臨床医学 I 一般臨床医学 II
整形外科学 I 整形外科学 II リハビリテーション概論 I
リハビリテーション概論 II 柔道 II A 柔道 II B
社会保障制度
専門分野 柔道整復学演習 I 外傷保存療法 柔道整復学各論 I A
柔道整復学各論 I B 柔道整復学各論 II A 柔道整復学各論 II B
柔道整復学各論 III A 柔道整復学各論 III B 柔道整復学各論 IV A
柔道整復学各論 IV B 柔道整復実技 III A 柔道整復実技 III B
物理療法 臨床入門 I 臨床入門 II
臨床実習

3年次のカリキュラム

専門基礎分野として外科学概論・一般臨床医学を修得。二年間で学習した知識と技術を体系的に深めることを可能にします。更に専門分野では、身体各部の骨折、脱臼、軟部組織の損傷に関して学習します。その処置・施術法を習得し、体得した技術を確実なものにすべく附属接骨院で臨床実習が行われます。また、11月頃には国家試験を担当する試験財団から試験委員が派遣され、柔道整復実技と柔道実技について認定実技審査が行われます。

【カリキュラム一覧】

専門基礎分野 一般臨床医学 III 一般臨床医学 IV 外科学概論 I
外科学概論 II 衛生学・公衆衛生学 I 衛生学・公衆衛生学 II
関係法規 柔道 III  
専門分野 柔道整復学演習 II A 柔道整復学演習 II B 柔道整復学各論 V A
柔道整復学各論 V B 柔道整復学各論 VI 柔道整復学演習 III A
柔道整復学演習 III B 柔道整復学演習 IV 臨床的判定
柔道整復実技 IV A 柔道整復実技 IV B 柔道整復実技 V A
柔道整復実技 V B 総合実技 I A 総合実技 I B
総合実技 II A 総合実技 II B 外傷予防
臨床実習

課程学科

課程学科、募集定員、修業年限、入学資格は以下の通りです。(週5日制)

  • 課程 医療専門課程
  • 学科 柔道整復科(柔整科)
  • 授業時間
     
    部 9:10〜14:30
    部 15:00~19:50
  • 募集定員 各30名
  • 修業年限 3年
  • 入学資格 高等学校卒業
  • 学校行事(解剖見学実習・球技大会等)により、授業時間を一部変更して実施することがあります。
  • 入学資格は高等学校卒業以上です。
    (旧制中学校卒業及び文部科学省令により高等学校卒業と同等以上の学力を有すると認められた者を含みます)

認定実技審査

3年次の11月頃には、国家試験を担当する試験財団から試験委員の派遣を受け、柔道整復実技と柔道実技について、認定実技審査が行われています。

国家試験対策

出題傾向にある問題の重要度や解き方、関連事項までを指導していきます。もちろん、国家試験を見据えた模擬試験も実施します。本校が自習の場として提供している図書室では、国家資格取得といった同じ目標を抱く学生たちが、真剣に試験勉強に取り組み、お互いを励まし合っています。また認定実技審査には、整復実技と柔道の実技があります。整復実技対策では対策責任者を設け、ハイレベルな指導に取り組んでいます。柔道では、合格レベルに達するまできめ細かな指導を行い対応しています。このように、柔整科では、学生たちの全員合格を心から願い、ともにめざし、学科試験と認定実技審査に対して万全のサポートで臨みます。 柔道整復師の国家試験合格率は、第26回国家試験(平成30年3月)で現役合格率80.6%と高い数値を記録。

  • 認定実技審査は毎年11月頃に行われます。試験財団が実施し合格する必要があります。
  • 学科試験は3月の第1日曜日に「柔道整復師」の国家試験が行われます。

国家資格

毎年3月の第1日曜日に「柔道整復師」の国家試験が行われます。

>国家試験合格率についてはこちら

関連リンク>公益社団法人全国柔道整復学校協会