HOME学科案内 > 専科/はり・きゅう科

学科案内専科/はり・きゅう科

伝統にふれる
その手が伝える

伝統鍼灸医学と最新西洋医学の知識や技術、そして実践力を身に付けることにより、医療現場で活躍できる人材育成を目標としています。はり・きゅうの専門学科でありながら、その教育は、「患者様の肌に触れることで解る」という本校伝統のはり術・きゅう術の精神に根ざしている点が特徴です。
鍼灸の専門課程であるためはり師・きゅう師の国家試験受験資格が得られ、合格後は幅広い分野での活躍が見込まれています。

ピックアップ授業

はり基礎実習S-Ⅱ(2年前期)・S-Ⅲ(2年後期)

1年生で学んだはりの基本操作をもとに、さらに高度な手技を修得する授業です。刺鍼したはりに電極を繋ぎ通電する「低周波鍼通電」、はりにもぐさを取り付けて燃焼させる「灸頭鍼」、小さく短いはりを長い時間にわたって皮膚内に留める「皮内鍼・円皮鍼」、乳幼児を対象にはりを刺さずに摩擦・圧迫・接触を行う「小児鍼」など、臨床で多用する様々な手技を学びます。

1年次のカリキュラム

基礎分野と専門基礎分野である解剖学・生理学を習得します。更に専門分野である東洋医学基礎概論・経絡経穴概論では、東洋医学の基礎概念について学習。2年次以降発展的な知識を学ぶための土台となります。実技においては、はり・きゅうの基本的手技の反復練習を行い、知識分野と同様、基本となる手技を習得して頂きます。

【カリキュラム一覧】

基礎分野 心理学 I 心理学 II 保健概論 I 保健概論 II
統計学 英語 I 英語 II  
専門基礎分野 解剖学 I 解剖学 II 解剖学 III 解剖学 IV
生理学 I 生理学 II 生理学 III 生理学 IV
専門分野 東洋医学基礎概論 I 東洋医学基礎概論 II 経絡経穴概論 I
経絡経穴概論 II 生体観察学 はり基礎実習 S
きゅう基礎実習 S-I

2年次のカリキュラム

1年次で学習した基礎的な知識から発展し、病理学や臨床医学総論・各論で疾病についての理解度を深めていきます。東洋医学の専門知識をより深化させると共に、臨床実習を行うための「臨床実習入門」という授業を通じ、実際の臨床への対応を習得します。臨床実習は1月より本校の附属治療所にて行い、実際の臨床への対応は更に専門的な実技・知識を学ぶことによって可能となります。また、後期より卒業論文作成のための課題研究が始まります。

【カリキュラム一覧】

専門基礎分野 運動学 I 運動学 II 病理学概論 I 病理学概論 II
臨床医学総論 I 臨床医学総論 II 臨床医学各論 I 臨床医学各論 II
臨床医学各論 III 臨床医学各論 IV
専門分野 経絡経穴概論 III 経絡経穴概論 IV 東洋医学臨床概論 I
東洋医学臨床概論 II 検査学概論 東洋医学臨床論 I
特殊鍼法 S-I 特殊鍼法 S-II きゅう基礎実習 S-II
はり、きゅう応用実習 S-I はり、きゅう応用実習 S-II はり、きゅう応用実習 S-III
はり、きゅう応用実習 S-IV 臨床実習入門 S-I 臨床実習入門 S-II
臨床実習 S 東洋総合演習 S-I 課題研究 I

3年次のカリキュラム

2年間で学習した知識と技術の集大成として、はり・きゅうの基礎理論・臨床論などの専門分野の知識を深めます。そして臨床実習を行うとともに、国家試験対策授業を行います。実技においては応用実習・総合実習を取り入れ、より臨床に役立つよう進められています。また10月には2年次から続いている研究をまとめ、校内研究発表会を実施し、その成果を卒業論文集として収めています。

【カリキュラム一覧】

専門基礎分野 運動学 III リハビリテーション概論 衛生学・公衆衛生学 I
衛生学・公衆衛生学 II 医療概論 関係法規
専門分野 はり、きゅう理論 I はり、きゅう理論 II 現代医学臨床論 I
現代医学臨床論 II 現代医学臨床論 III 現代医学臨床論 IV
東洋医学臨床論 II 総合臨床論 S-I 総合臨床論 S-II
社会はき学 はり、きゅう応用実習 S-V はり、きゅう応用実習 S-VI
はり、きゅう応用実習 S-VII 臨床実習 S 東洋総合演習 S-II
課題研究 II はり総合演習 S-I はり総合演習 S-II
基礎医学総合演習 S-I 基礎医学総合演習 S-II きゅう総合実習

課程学科

課程学科・募集定員・修業年限・入学資格は次の通りです。(週5日制)

  • 課程 医療専門課程
  • 学科 はり・きゅう科(専科)
  • 授業時間 9:10〜14:30
  • 募集定員 30名
  • 修業年限 3年
  • 入学資格 高等学校卒業
  • 学校行事(解剖見学実習・球技大会等)により、授業時間を一部変更して実施することがあります。
  • 入学資格は、高等学校卒業(旧制中学校卒業及び文部科学省令により高等学校卒業と同等以上の学力を有すると認められた者を含みます)以上です。

国家試験対策

専科の学生たちがめざすのは、はり師の国家資格取得です。はり師の国家試験合格率は、第26回国家試験(平成30年2月)で共に現役合格率70.6%以上。全国でもトップクラスの合格率を誇るのは、経験豊富な教員陣が日常的に効果的な指導を行っているためです。授業時間外での指導にも意欲的なので、疑問や質問も解決しやすい環境が整っています。また、本科と同様に3年次の12月からは各教室を20時まで開放して図書室と併せて自習の場とし、国家試験間近の12月上旬と2月上旬には模擬テストも実施。3年生全員の合格をめざして、教員一同がバックアップしていきます。

  • 実技試験は本校を卒業することにより免除されます。
  • 学科試験は毎年2月最終週の日曜日に「はり師」の国家試験が行われます。

国家資格

毎年2月最終週の日曜日に「はり師」「きゅう師」の国家試験が行われます。
実技試験は本校を卒業することによって免除されますが、専門基礎分野・専門分野の実習を除くすべての授業科目について学科試験が行われます。

>国家試験合格率についてはこちら

関連リンク>公益社団法人 東洋療法学校協会