HOME入試情報 > 教育訓練給付制度

入試情報教育訓練給付制度

概要

「教育訓練給付制度」とは、労働者や離職者が自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。平成26年10月から制度が拡充になり、従来の「一般教育訓練給付金 ※1」に加え「専門実践教育訓練給付金」が追加され、本学の全学科【本科・専科・柔整科部、部】が講座指定を受けました。

【支給対象者】

① 雇用保険の一般被保険者(在職者)の方。
② 雇用保険の一般被保険者であった方で離職日以降、受講開始日までが1年以内の方。
上記①、②とも、初めて教育訓練給付の支給を受けようとする場合、支給要件期間が2年以上ある方が対象です。
制度の詳細及び受給資格はハローワークにてご確認ください(受給資格の確認は、受験前にできるだけ行ってください)。


これと併せて、教育訓練支援給付金制度もあります。(対象:本科・専科・柔整科部)

※1 一般教育訓練給付金は、教育訓練経費の20%(上限10万円/1回限り)の給付を受けることができます。

ハローワークインターネットサービス 教育訓練給付制度

【参考】